腰痛で悩んでいる人は多いと思います。(涙) あなたは大丈夫ですか!?一昔前までは、腰痛と言うとお年寄りがなるものだったと思います。(汗)また、肥満の人や、妊娠中の女性も腰に負担が掛かることが多いようですね。そんなことで、腰痛になりやすいとも言います。そうすると、やはりどうしても食事を多めに摂ってしまいますよね。

そのため、お腹の中の赤ちゃんの分の体重だけでなく、お母さん自身の体重も増えます。増えた体重に、赤ちゃんの体重で、かなりの重量になります。(汗)数カ月の間にそれだけの体重の増加があります。ですから、当然、腰にも大きな負担が掛かりますよね。(汗)姿勢も、妊娠前とは違ってきます。ですから、それも腰に負担をかける原因となります。これを放っておくと慢性的な腰痛になってしまいます。そして産後しばらくしてから骨盤矯正を行います。

このように骨盤を正しい位置に戻すことで、腰痛も解消されます。それが殆どです。しかし、妊娠する前からいくらかでも腰痛があった人は、普段の生活習慣にも気を付けてくださいね。そうしないと、産後にいくら骨盤矯正をやっても、また腰痛が発生してしまいますよ。注意しましょう。椅子に座る時に足を組んだりだとか、床に座る時に横座りをしたりする事で、骨盤は徐々にずれたり歪んでしまうようです。(汗)そして、骨盤矯正を行うことです。それで腰痛は激減するでしょう。(笑顔)

関連ページ