家買うなら生命保険いるの?

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
また、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

子供にはどんな保険が必要?【学資・個人賠償責任保険とは】